機能性で選びたいフロアコーティング

###Site Name###

新築の一戸建てなど、これから入居する住宅であればやはりフロアコーティングをしてみたいと思うものです。

綺麗な状態で床を長く使っていきたいなら、最初の時点で利用しておくことが重要なポイントにもなります。


フロアコーティングでよく使われるのは、ガラス、シリコン、ウレタン、UVです。

詳しく知りたいブログの情報はすぐに役立ちます。

機能性も種類によって違いますので、それぞれの特徴を理解してから選ぶようにするといいでしょう。

ガラスは約20年ほどの耐用年数で、安全性の高い無地のコートで参加もしにくく紫外線なども遮断してくれますし、フローリングの収縮や膨張にも強いです。


ツヤの有無なども選べる場合がありますので、元々の床の風合いも生かせるようになっています。それにUVなどは一番機能性も高いとしてよく挙げられていますが、こちらも20年以上の耐久性があり、強固な断面なので摩耗性にも強いです。ペットや子供がいる家庭でも使いやすいのが特徴でもあります。

他にはやや耐用年数は下がりますが、シリコンもよく使われます。

柔軟性にも富んでいて密着性もよいです。

フロアコーティングは無限の可能性に満ちあふれています。

また、水や薬品にも強いので、キッチンなどにも使われていたりする場合があります。

滑りにくいので安全性も高くなっています。

定番のウレタンに関しては他より耐用年数は低いものの、昔から利用されているフロアコーティングとして身近な存在です。



摩擦に強くツヤもぬくもりがあります。

それぞれの特徴や機能性を確認してから作業の依頼を行いましょう。